印刷用 案内・申込書 PDFファイル(このリンクをクリックしてください)

第2回「CBRNEテロ・災害医療対策担当者養成講習会」

-救命救急医・産業医等及びCBRNE災害対策担当者等が知っておくべきこと- 

(1級認定コース)

後援:公益社団法人 日本医師会

 

        開講のご案内    

 世界ではあらゆるところで、テロを含む人為的災害、自然現象等に起因した特殊な災害が多発しております。最近の英国における神経剤「ノビチョック」による殺人未遂事件やマレーシア・シリア・英国等における有毒化学剤によるテロ頻発や戦場での化学兵器の使用・スリランカにおけるい爆弾テロなどにより、子供を含む市民や軍人等が多数死亡しています。また、日本の国内においても、昨年1月の群馬県・草津白根山の噴火による死傷者の発生等、連日のように「まさか」と思うようなテロや事件・事故が発生しております。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを目前に控え、また、全国各地で開催されるビッグ・イベント等に備え、最近では、爆弾テロや毒性化学物質等による化学テロを始めとしてCBRNE災害対策の重要性が認識されております。
 そこで、今回は、これまで事業の一環として、進めて参りました専門化した「各種災害対策担当者養成講習会」とは異なった、第2回目の「CBRNEテロ・災害医療対策担当者養成講習会」(救命救急医・産業医等及びCBRNE災害対策担当者等が知っておくべきこと)(1級認定コース)を開講することと致しました。
 今回の講習会では、前回に引き続き、災害と医療、化学テロ・化学災害、バイオテロ・バイオ災害、放射線テロ・放射線災害、爆発物テロ・爆発物災害、消防と医療の連携などのCBRNE全般に亘る対処能力の向上が出来る講習会の2回目を企画いたしました。
 本講習会も、我が国のCBRNEテロ・災害対策の全般に亘って真に役立つ危機管理コース(CBRNE危機管理者1級認定)と致しました。また、今回も日本医師会生涯教育制度の認定を申請中です。
 ご多忙中の折柄誠に恐縮に存じますが、奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます。               

 

                            令和元年月 吉日

                               NPO法人 NBCR対策推進機構

                              会 長 片山 虎之助

                              理事長 井上 忠雄

 




別 紙

第2回「CBRNEテロ・災害医療対策担当者養成講習会」について

救命救急医・産業医等及びCBRNE災害対策担当者等が知っておくべきこと-
1級認定コース・日医生涯教育制度5.5単位認定

主催  NPO法人 NBCR対策推進機構

後援  公益社団法人 日本医師会

■ 趣旨

最近、英国における神経剤「ノビチョック」による殺人未遂事件やシリア・イラク等ではサリン・マスタードガスや塩素などを使った化学テロ等が頻発しています。また、マレーシアの空港では猛毒のVXによる殺人テロ事件やスリランカにおける爆弾テロ等が起こっています。幸い我が国では1994・1995年のサリン事件以降、CBRNEを使用した大規模なテロ事案は発生していませんが、2015年には猛毒リシンを焼酎に混入させた殺人未遂事案や多くの化学災害事案・爆発物の製造等の事案が起きています。一度CBRNEテロやCBRNE災害が発生すると多くの傷病者が発生します。地下鉄サリン事件では6300人が被害に逢い、その多くが280の病院で受診し、95余の病院に約1,000人が入院し加療を受けました。CBRNE災害では、検知・警報、防護、除染、医学的対応が重要ですが、特に生命の救出に関わる医学的対応が重視されています。平素からCBRNEテロ・災害等の関連情報を収集・評価し、最新の情報・経験を踏まえてテロ対策等を見直した訓練や講習を実施する必要があります。
 今回の講習会では、化学テロ・化学災害、バイオテロ・バイオ災害、放射線テロ・放射線災害、爆発物テロ・爆発物災害等CBRNE災害対策全般に亘り、医療対策を主軸に、消防と医療の連携等を含め、対処能力の向上に真に役立つ対策等を現在、日本の夫々の分野で第1人者の講師の先生方に解説して戴きます。


■ 講習対象者

救命・救急医師、産業医、病院等医療危機管理担当者、保健所職員、消防関係職員、企業危機管理担当者、自治体危機管理関係者、その他講習研修を更新の希望者

■ 認定カード発行

講習修了時認定試験を行い「CBRNE災害対策危機管理者認定カード(1級)」を発行し当機構での認証を行います。

■ 講習日時

日 時

受付締切

定員

令和元年9月22日(日)09:0017:00

 9月13日㈮

100

■ 細 部

・ カリキュラム:爆発物災害対策担当者養成講習会カリキュラム 付紙1

・ 場 所:ヒューリック浅草橋ビル3F ヒューリックカンファレンス ルーム3   付紙2

〒111-0053東京都台東区浅草橋1-22-16(℡:03-5822-5971)

  (JR浅草橋西口徒歩約2分)

・ 申 込:下記申込書FAX又はEメール
  (メールタイトル「2CBRNE講習会申込」)にてお申込みください。  付紙3 

・ 締 切:先着定員になり次第申込を締め切ります。

  申込を締め切った際は、弊機構ホームページに掲載します。(受付終了しました)

  URL:http://www.nbcr-taisaku.com

・ 順 延:申込者が15名に達しない場合は延期し順延の通知をします。

・ 費用:3万円
   (NBCR対策推進機構 弊機構の個人会員:2万円、弊機構の団体会員:15千円)
   

・ 連絡先:NBCR対策推進機構

111-0053 東京都台東区浅草橋2-7-9  大森ビル2

電話:03-5829-6187 FAX03-5829-6197

e-mail  

担当:事務局 執行役員 吉田満、若森崇史、阿部剛士


                                                                 付紙1


■カリキュラム (案)  

                                                                

時  間

科  目

講  師





9

22
()

09000910

 ※オリエンテーション  NBCR対策推進機構 理事長 工学博士 井上忠雄

09101000

1 CBRNEテロ・災害と医療対策の重要性
―救急医療の側面から―
(質疑応答5分を含む)

  

NBCR対策推進機構 理事長
 工学博士
 (元陸自化学学校長) 

  井上 忠雄 

10001100


2 化学テロ・化学災害と医療対策
    (質疑応答5分を含む)



国立病院機構災害医療センター
日本集団災害医学会代表理事
厚生省DMAT事務局長

 小井土 雄一 先生


 11001100  
  休 憩(10分)

11001200


3
爆発物テロ・爆発物災害と医療対応
 (質疑応答5分を含む)


 


防衛医科大学校
 防衛医学研究センター 教授

  齋藤 大藏 先生

 

12001250

休  憩

12501350


4
災害と医療 ―化学災害の重要性
 (質疑応答5分を含む)

 

日本医師会 常任理事

  石川 広己 先生


13501440

5バイオテロ・バイオ災害と医療対策
 (質疑応答5分を含む)

防衛医科大学校
 防衛医学研究センター 教授

  加来 浩器 先生



14401530

 

6放射線テロ・放射線災害と医療対策
 (質疑応答5分を含む)

国立研究開発法人
 量子科学技術開発機構 
 執行役員

  明石 真言先生

15301540

  休 憩(10分)
 

15401630

 

7CBRNEテロ・災害における消防と医療の連携
 (質疑応答5分を含む)

    

 

モリタ㈱顧問
(元東京消防庁防災部長)  

  伊藤 克己 先生

16301635

休  憩

16351655

8.試験

16551700

 修了証 授与

 


  





 



                                                                                                                     付紙2


第2回「CBRNEテロ・災害医療対策担当者養成講習会」申込書

印刷のうえFAX又は下記内容のEメール(メールタイトル「2CBRNE講習会申込」)にてお申込みください。




申込締切
       


          13日(金)                      先着順100
申込先            FAX    0358296197

      Eメール 
申込者(団体名等)   
(ふりがな)
参加者氏名

(ふりがな) 
氏 名

 所 属  職 名
 (               )

 (               )

 
 (               )

住所   


    自宅 ・ 職場  (自宅か職場かの区分に〇でお囲み下さい。)
 連絡先 電話番号:        FAX番号:  

e-mail:
 組織区分
該当する箇所を〇でお囲みください
◆NBCR対策推進機構: 弊機構の個人会員 ・ 弊機構の団体会員    

◆日本医師会 : 所属地区名(             )
 日本医師会生涯教育制度参加証が必要な場合、必要を〇でお囲み下さい。
              必要 ・ 不必要


◆所属 : 警察 ・ 消防 ・ 学生 ・その他  

 請求書の宛名先
〇でお囲みください

本人  ・  別名 (                 )
 その他

同一機関から複数名で参加し、
取り纏めの担当者がいらっしゃる場合は
その方のご氏名をお知らせください。
受講票を纏めてお送りします。



ご担当者役職・氏名

 要望事項




                                                   (NBCR)

● 講習会場案内図

   ヒューリック浅草橋ビル3F ヒューリックカンファレンス ルーム3  
   (JR浅草橋駅徒歩約2分) 

   所在地:〒111-0053  東京都台東区浅草橋1-22-16  電話:03-5822-5971(代)


案内図









        

      

●連絡先:
 NBCR対策推進機構 〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-7-9 大森ビル2階

 電 話  : 03-5829-6187 

 FAX : 03-5829-6197   

 e-mail :    

 担 当 : (執行役員)吉田 満、若森 崇史、阿部 剛士

 





 


                                                                                       戻る