新宿パークホテル
  お菜家2階講習会場

NPO法人 NBCR対策推進機構   〒164-0003 東京都中野区東中野1-50-1

 加藤 高明 (携帯電話:090-1033-8455  E-mail; nbcr-npo@tea.ocn.ne.jp




核・放射性物質テロに関する警備関係担当者等講習会

 

1 実施日時: 平成21827日(木)~28日(金)

 

2 場  所: 新宿パークホテル

 
3 対象者 ①主として大型集客施設等(空港、港湾、駅、デパート等大型店舗、スポーツ施設等)の警備に当たる       警備関係担当者
         ②自治体等の危機管理担当者
       ③企業の危機管理担当者

4 目  的:本講習会は、テロや事故によって引き起こされるN(核)・R(放射性物質)等による災害に対処              するため、主として災害現場において直接危険に身をさらす警備員を主対象とし、現場での初動対応             ・対処要領等を中心に教育・啓発することを目的とする。
5 講習内容:

時  間

大科目

小科目

講  師

 

27

0900092020’

(開講式)

0930103060’

国民保護法とテロ

N・R防護に関する国民保護法と国・地方自治体の危機管理

滝川伸輔

(内閣官房)

1040114060’

テロ対処要領

N・Rテロの災害様相と対処要領

井上忠雄

1140124060’

〈昼休み〉

1240134060’

N・R基礎

核テロと基礎

加藤高明

1350145060’

原子力テロ、ダーティーボム等放射性物質テロ

山田正夫

1500160060’

N・R災害救急医療

山口芳裕

(杏林大)

1610171060’

情報

N・Rテロと情報

高坂哲郎

 

28

0930103060’

検知・測定等

放射線の検知・測定と検知・測定機材

防護機器委員会

(アロカ)

1040114060’

防護等

放射線防護と防護機材等

防護機器委員会

(帝国繊維)

1140124060’

〈昼休み〉

1240134060’

除染等

放射性物質の除腺と除染資器材等

清水俊博

1350150070’

救護

医療機関の救護体制及び救急法と救護器材

浦島充佳

(慈恵医大)

(インフォマティック)

1510162070’

ファストレスポンダーの対処要領

自己防護及びクライアント防護並びに周辺市民の防護

榎谷惟光

清水俊博

1630170030’

〈質疑応答、懇談〉

1700171010’

〈閉講式〉



             ~お申込み方法~

 

氏名電話番号、参加人数を明示して、平成21年8月20日(金)17:00までに、FAX又はE-mail
  お申し込み下さい。
   なお、電話申込、期日厳守でお願い致します。
FAX 03-3362-1286


核・放射性物質テロに関する警備担当者等講習会参加申込み

((ふりがな))

 

 

企業等名

企業等名 

部署名

住   所

 

電話・FAX番号

電話         FAX

 

会場案内図

       ※ 会場:新宿パークホテル 2階 お菜家内新宿クラブ

           ※ 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-9 ;電話FAX0333520898 

              ※ 講習会費:20,000円






























                                                                                                                                            戻る

                                          トップページへ戻る
                      核・放射性物質テロに関する講習会


 核・放射性物質テロから市民の安全を守るため、警備保障等の企業、国・地方自治体の危機管理

責任者の皆さんに対して、初動対応・対処及び的確な業務遂行に必要な知識・技能の習得を主眼とした

講習会で、「爆発物・化学テロ対処」に次ぐ第二弾となります。

 特に警察、消防機関などの到着前の初動対処に必要な識能の習得に焦点を置いたものです。
 
 なお、「#1爆発物・化学テロに関する講習会」、「#2核・放射性物質テロに関する講習会」(今回)に

引き続き、「#3生物剤テロに関する講習会」、「#4N(核)B(生物)C(化学)R(放射性物質)E(爆発物)総合

訓練」を計画しているところです。




※ この講習会は、競艇の交付金による「日本財団」の一部助成を受けて実施するものです。