v

                         2回「生物テロ・バイオ災害対策担当者養成講習会」
      (救命・救急医、産業医及び生物テロ対策担当者が知っておくべきこと)

                                -韓国 MERS から学ぶ生物剤テロ対処─
        (1級認定コース・日医生涯教育制度5単位認定(申請中))

開講のご案内

20151113パリ同時多発テロ事件では130人以上が死亡し、「イスラム国(IS)」が関与を主

張する声明を発表しました。フランスのバルス首相が国民議会(下院)で「化学テロや生物テロの危

険性がある」と述べるなど、全世界でテロの脅威は一段と高まっています。2016年(平成28年)伊

勢志摩サミット、2020年(平成32年)の東京オリンピックに備えて、NBCRテロ災害への対応が急務

とされています。特に、対応が最も困難である生物剤等による生物テロ災害対策の重要性が改めて認

識されております。

この度、弊機構は事業の一環として、一昨年12月に実施致しました「生物テロ・バイオ災害対策

担当者講習会(1級認定書付与)に引き続き、別紙のとおり第2回「生物テロ・バイオ災害対策担当

者養成講習会」(救命・救急医、産業医及び生物テロ対策担当者が知っておくべきこと)‐韓国 MERS

から学ぶ生物剤テロ対処‐ を開講することと致しました。

中東呼吸器症候群(MERS:コロナウイルス)は、20156月韓国全土で154人が発症し19人が死亡し

た猛威を振いました。MERSはサウジアラビア1,026人を除き、欧米各国でも14人の発症であり、韓

国のアウトブレイクが際立ちました。何故韓国でアウトブレイクが発生したのか、またどの様な対策

で感染拡大を収束させたのか、延世大学救急学講座 教授 李 康賢 先生(韓国救急学会長)に解

説をして頂きます。講義のあと、出来るだけ多くの出席者と「生物テロ対処のあり方」について総合

討論を実施したいと考えております。

   今回の講習会も、新しい視点から日本の第1人者として活躍中の新進の講師を迎え、生物テロ災害

対処に真に役立つ危機管理コース(生物テロ・バイオ災害危機管理者1級認定)を開催させて頂きま

す。

   なお、今回の講習会も日本医師会・東京都医師会の認可を得て、日本医師会生涯教育制度の認定を

して頂くことになり、5単位の認定を行います(申請中)。

  ご多忙中の折柄誠に恐縮に存じますが、奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます。

         

                       平成2712月吉日 
                                                                          NPO
法人 NBCR対策推進機構

                                                                                   会 長    片山 虎之助
 
                                                                                   理事長     井上 忠雄      



 別紙
                                                                                                                        NPO法人 NBCR対策推進機構
                   第2回「生物テロ・バイオ災害対策担当者養成講習会」について

                 (救急・救命医・産業医及び生物テロ対策担当者が知っておくべきこと)

-韓国MERSから学ぶ生物剤テロ対処―(1級認定コース・日医生涯教育制度5単位認定(申請中))

    主催  NPO法人 NBCR対策推進機構
                                 後援  公益社団法人 日本医師会  ㈱ノルメカエイシア

■ 趣旨

2015年は、アフリカ・エボラ出血熱、また隣国韓国における中東呼吸器症候群(MERS:コロナウイルス)の感染拡大で大

変心配された年でした。1113パリ同時多発テロ事件では130人以上が死亡し、「イスラム国(IS)」が関与を主張する声

明を発表しました。フランスのバルス首相が国民議会(下院)で「化学テロや生物テロの危険性がある」と述べるなど、全

世界でテロの脅威は一段と高まっています。2016年(平成28年)伊勢志摩サミット、2020年(平成32年)の東京オリン

ピックに備えて、NBCRテロ災害への対応が急務とされています。特に、対応が最も困難である生物剤等による生物テロ災害

対策の重要性が改めて認識されています。

生物テロや新興感染症への対処は困難ですが、生物テロ対処には関連情報を収集・評価し、物的・人的措置を講じ、教育・

訓練を行い、標的化を防止して適切な対応力を養成しておくことが重要です。最新の情報・経験を踏まえて、新興・再興感

染症やテロを含む生物テロ災害対策等を見直し、各種の厳しい現実を想定した訓練・講習を実施する必要があります。

今回の講習会で、韓国ソウルの延世大学救急学講座教授 李 康賢 先生(韓国救急学会長)を招聘し、韓国での中東呼

吸器症候群(MERS:コロナウイルス)への対応を講義していただきます。この韓国でのMERSの教訓から、我が国の「生物

テロ災害対策」がより実践的な対処可能になるように学びたいと考えております。

今回も、新しい視点からの現在日本の第1人者としてご活躍中の新進の講師を迎え第2回「生物テロやバイオ災害対策担

当者養成講習会」を下記の通り開催いたします。今回の講習会は実践的な生物テロ・バイオ災害対処に特化した第1級の危

機管理コースです。今回も日本医師会・東京都医師会の許可をえて、日本医師会生涯教育制度に基づき5単位の認定です。

■  講習対象者

   救命・救命医師、産業医、病院等医療危機管理担当者、保健所職員、消防関係職員、企業危機管理担当者、自治体危機管

理関係者、その他講習研修を更新の希望者

■ 認定カード発行

講習修了時認定試験を行い「生物テロ・バイオ災害危機管理者認定カード(1級)」を発行し当機構での認証を行います。

■ 講習期間

       日 時

受付締切

 定員

期 間

平成28年3月20日(日曜)0900~1700

 2月26日(金)

90名

■ 細部

※生物テロ・バイオ災害対策担当者養成講習会カリキュラム          付紙1

※申込:「申込書」によりFAXでお申込み下さい。             申込書: 付紙2 

※場所(一財)主婦会館プラザエフ (JR 四ッ谷駅徒歩1分) 講習会場案内図:付紙2
     (〒102-0085 東京都千代田区六番街15番地   (03-3265-8111))
※ 締切:先着定員になり次第申込を締め切ります。
※ 順延:最小催し人員数30名以下の場合は延期し順延の通知を致します。

※ 費用:3万円  ( 個人正会員:2万円、  団体会員:1,5万円 )  連絡先: 付紙2 



                                        

                                                                             付紙1

■カリキュラム                                                

時  間

科  目

講  師

28
3

20

09000910


※オリエンテーション                                  弊機構理事長 工学博士 
                                  井上忠雄

09100950

1、生物剤テロ対処の総論

―救急災害医療関係者等が知っておくべきこと

国際医療福祉大学教授、塩谷病院検査部長
(元国立感染症研究所長)
 倉田毅先生

09500955

休  憩

09551035

2、感染症法と国内・海外バイオテロ対

―救急災害医療関係者等が知っておくべきこと

国立保健医療科学院健康危機管理 研究部長

   金谷 泰宏  先生

10351040

休憩

10401130

3、院内感染制御からの生物剤テロ対処

―救急災害医療関係者等が知っておくべきこと

河北総合病院 感染制御チーム長

藤井 達也先生

1130
1135

休  憩

11351225

4、新興感染症からみた生物テロ対

―救急災害医療関係者等が知っておくべきこと

国立感染症研究所ウイルス第一部長
     西条政幸 先生

12251320

休  憩(昼食)

13201410

5、 生物テロ対策・訓練

―救急災害医療関係者等が知っておくべきこと

社団法人元気会横浜病院長
     箱崎幸也 先生

14101415

休  憩

14151515

6、       韓国でのMERSアウトブレイク

(感染初期から収束までの)

延世大学救急学講座 
      教授 
李 康賢 先生

15151520

休  憩

15201630

7、総合討議:韓国 MERSアウトブレイク
から学ぶ生物テロ対策

座長:日本医師会 常任理事(災害担当)
  石井 正三先生

   李  康賢先生
   箱崎 幸也先生
 西条 政幸先生
 藤井 達也先生  

16301635

休  憩

16351655

8、 ※試験

16551700

※危機管理者認定証付与(生物テロ・バイオ災害危機管理者1級)

                                                                                                                                                          




                                                                                                                                                               付紙2
                                       2回 生物テロ・バイオ災害対策担当者養成
                                                              講習会申込書

           申 込締切        平成28年2月月26日(金)      先着順90名
 申込先FAX    03-5829-6197
 込者(団体等)名   
  参加者氏名
(ふりがな)
 氏 名  所 属       職 名
     
     
     所在地    

     連絡先  
電話番号:                      FAX番号:

e-mail:

  
 
  会員の場合
○印明記下さい

 個人正会員  団体会員 
   

 講習会場案内図
(一財)主婦会館プラザエフ(JR 四ッ谷駅徒歩1分)
  〒02-0085 東京都千代田区六番町 15番地   (03-3265-8111)   

●連絡先: NBCR対策推進機構 〒111-0053 東京都台東区浅草橋 279 大森ビル2階
       電話:03-5829-6187   FAX:03-5829-6197

        e-mail: nbcr-npo@tea.ocn.ne.jp
       担当: 副理事長 榎谷 惟光、又は 執行役員;平川 寿


                                                                                                                                   戻る