朝雲(自衛隊新聞から その1)
        21,7,23


  
  朝雲(自衛隊新聞から その2)
      21.6.25
       













                                                         

         安全確保にまなざし真剣
         官民の警備担当ら出席 講習会で防護策を学ぶ


  集会や会場で爆弾が炸裂、血まみれになりながら逃げる市民の映像を示しながら、「これがスリランカ

実際に起きた爆弾テロです」と説明するのは内閣官房の奥村徹NBC災害対策專門官。52122の両日、

東京・新宿で開かれた「爆発物・
化学テロに関する警備担当者講習会」の受請者たちは、凄惨なテロ現場

大勢の負傷者が運び込まれて混乱する病院の映像を真剣な表情
で見入っていました。

空港や駅、デパートといった大型集客施設等の関係者を対象にしたこの講習会には、民間の警備担当

や自治体の職員など延べ約
20人が参加。総務省消防庁の国民保護運用室長に出向している石津吉康1陸佐

国民保護法と化学防災対策を解説したほか、爆発物の処理や有毒化学剤の検知、災害救急医療などについて

専門家の講師が映像や表を使って分かりやすく説明。参加者は、爆発物や化学テロの初動対応や義務遂行に

必要な知識・技能を学んでいます。

 
NBCR対策推進機構は国や地方自治体、企業、一般家庭などを対象にした核(Nuclear,生物(Biological),化学

(Chemical)、放射能(Radioactive)に関する知識の普及や、これらNBCR兵器等の脅威から市民をいかに守るか

を目的に、平成
175月に設立されました。

 自衛隊のOBが中心となって活動しており、元化学学校長の井上忠雄理事長、元化学防護隊長の加藤高明副理事

長、地下鉄サリン事件で実際に除染活動に当たった陸自
OBら、

NBCRのあらゆる分野に精通した「プロ」が集まっています。

 平成17年からこれまで年に34回、講習会を行い、テロや災害、

武力攻撃から身を守るための知識の普及や教育を行っています。

 今回の講習会に参加した。世界最大規模のセキュリティ団体

ASISインターナショナル」の日本支部長を務める徳田和人さん

は「今まで知らなかった対処法が学べました。この知職を業務に

役立てていきたい」。また、
KEN探偵事務所代表取締役の岩土健児

さんは「依頼者の警護などに役立つと考えて参加しました。一流の

講師陣から話を聞けて非常に勉強になりました」と感想を述べて

います。

 昨年度からは、受講者を対象にした「
NBCRE危機管理士」の認定

試験も実施、これまでに
3の合格者を出しています。

 井上理事長は「NBCRの災害から自らの地域や命や自ら守るとい

う自助・共助の精神が大切。
講習会などを通じて、防護対策の知識

の普及を図り、市民の安全確保に力を尽くしたい」と話し
ている。








                                                                                       
                                                                                          

                                                                                      
                                                                                            NBCR対策推進機構の連絡先は、
                                                                                                              〒111-0053
                                                   東京都台東区浅草橋2丁目7番9号 大森ビル2F
                                                   電 話   03-5829-6187
                                                   ファックス  03-5829-6197
                                                                                                    E-mali nbcr-npo@tea.ocn.ne.jp









     朝雲(自衛隊新聞から その3)
       21,7,30

NBCR対策推進機構「防 災 社 会」構築を

市ヶ谷でフォーラム 志方教授らが講演

自衛官OBらのNPO法人 NBCR対策推進機構が主催、

社団法人隊友会、総務省消防庁後援の「市ヶ谷フォーラム2009−現代危機への対応」が724日、

東京・新宿のグランドヒル市ケ谷で開かれ、約100人が参加した。

第1部の基調講演では、総務省消防庁の武居丈二国民保護・防災部長が「国民保護法と住民の対応」と

題して住民への避難情報の伝達やNBCRテロへの対処、国民保護訓練の概要などを解説。

「住民の理解を深めていく上で、住民参加型の実動訓練を積み重ねていくことが重要」と述べた。

2部のパネル.・ディスカッションでは、「防災社会を如何に構築するか− 国民保護を中心にして」

を演題に
櫻井修一内閣官房審議官、.武居国民保護・防災部長、元陸自北方総監で東京都防災参与の志方

俊之帝
京大教授、元化学学校長の井上忠雄理事長がそれぞれ.意見を述べた。

櫻井審議官は国民保護訓練が感染症の拡大防止を含めた

対処能力の強化に役立っていることに触れ、
「発生した場合

の対処や被害の最小限化が大事。国民の協力を得ながら訓練を

やっていかなければならない」と
述べた。

志方教授は自衛隊と警察、消防の連携が強化されたことや

自衛隊の災害対処
能刀を取り上げ、「災害発生時に最初に

自衛隊を持ってくれば、多くの命を助けられる。

自衛隊をもっと迅速に活用してほしい」と訴えた。

 また、井上忠雄理事長は、「国民の多くは危機管理を国がやるという意識が強いが(自分や家族の命は自分

で守らなればならない」と自助努力の重要性を訴えた。


NBCRの対処マニュアル発行

 NPO法人NBCR対策推進機構はこのほど、武力攻撃や化学・生物テロなどへの対処方法をまとめた危機管理・

防災担当者向けのマニュアル「国民保護とNBCR災害対策」を発行した。

 核・生駒・化学・放射性災害の対策をまとめたもので、.テロが起きた際の情報収集や防護対策のほか、

核災害で爆風や熱線、放豹線、放射性物質が地上に降り注ぐフォールアウトからの防護法などを解説。

バイオテロの項目では、新型インフルエンザがバイオテロにつながる可能性を指摘し、個人や家庭でもできる

防護対策
や備蓄物品の常備などの対応策を列挙。化学剤についても汚染拡大防止や検知機材の有効活用を訴え

ている。

また、軍用化学剤の種類や生物剤の投射手段、救助・救急搬送、医療機関の連携モデルなどを図表や写具を

使って解説。
防災・危機管理担当者だけでなく災害時に避難する住民にとっても非常に分かりやすい対処マニ

ュアルとなっている。

NBCR対策推進機構の井上忠雄理事長.(元化学学校長)は「自治体で国民保護計画が策定され「武力攻撃事態や

緊急対処事態への対処訓練が行われているが、全国民への実質的な理解や訓練はこれから。

この本を通してNBCR対策への理解を深めでほしい」と話している。

冊数に限りがあるが、希望者には無償配布する。

問い合わせは、NBCR対策推進機構

(〒111-0053  東京都台東区浅草橋二丁目7番9号  大森ビル 2階

電  話    03-5829-6187
ファクス 
03-5829-6197
Eメール nbcr-npo@tea.ocn.ne.jp) まで。

                                                                                                       戻る

                                                                                     トップページへ戻る









            

                                    危機に備えを(国民保護法&訓練)