第4回「生物テロ・バイオ災害対策担当者養成講習会」

                 (救命・救急医、産業医及び生物テロ対策担当者が知っておくべきこと)

                           1 級認定コース・日医生涯教育制度 5 単位認定)(申請中)

                                      後援;公益社団法人 日本医師会(申請中)

 

開講のご案内

  最近、エボラ出血熱やデング熱、SARS(重症急性呼吸器症候群)、鳥インフルエンザ、

更にはジカ熱、MERS(中東呼吸器症候群)などの新興・再興感染症の世界的流行や炭疽菌、

ボツリヌス毒素、リシンなどの生物テロなどの生起により、生物災害対策の重要性が改め

て指摘されております。特に、致死率の高い新興感染症として発見された MERS,SFTS(

症熱性血小板減少症候群)やエボラ出血熱などの世界的流行に対し、感染症対策の重要性が

指摘されております。

  この度、弊機構は事業の一環として、平成 29 年7月に実施致しました第 3 回「生物テ

ロ・バイオ災害対策講習会(1級認定書付与)に引き続き、別紙のとおり第4回「生物テ

ロ・バイオ災害対策担当者養成講習会」(救命・救急医、産業医及び生物テロ対策担当者

が知っておくべきこと)を開講することと致しました。

  今回の講習会も、昨年に引き続き、新しい視点から現在日本の第一人者として活躍中の

新進の講師を迎え、生物テロ・バイオ災害対処に真に役立つ第 1 級の危機管理コース(生

物テロ・バイオ災害危機管理者 1 級認定)と致しました。

  ご多忙中の折柄誠に恐縮に存じますが、奮ってご参加下さいますようご案内申し上げま

す。

                                                                                                                                                  平成30 年4月 吉日                                                                                                                         
                                                                                                                               NPO 法人 NBCR 対策推進機構                                                                                                                                                                                                                                                                                           片山 虎之助

                                                                                                                                                       理事長 井上 忠雄





 別紙1

                                                                                                                      NPO法人 NBCR対策推進機構

 

第4回「生物テロ・バイオ災害対策担当者養成講習会」について

-主として救命・救急医・産業医及び生物テロ対策担当者が知っておくべきことー

          主催 NPO法人 NBCR対策推進機構

後援 公益社団法人 日本医師会

 

■趣旨

 2020 年(平成32 年)東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定しました。過去のオリンピック時に生

起したテロ事件或いは米国で生起した炭疽菌郵送テロ事件を考えると安全・安心を確保して東京オリン

ピックを成功させるためには官民挙げてテロ対策等の予防に万全を期さねばなりません。

また、我が国では、最近はインフルエンザや SFTS 等の感染症による被害等が懸念されております。

日本では、オウム真理教事件で経験したように、検知・警報、防護、除染、医学的措置の中でも特に医

学的対応が重視されます。

平素から生物テロや感染症に対する関連情報を収集・評価し、物的・人的措置を講じ、教育・訓練を行

い、標的化を防止して適切な対応力を養成しておくことが重要です。

最新の情報・経験を踏まえて新興・再興感染症やテロを含むバイオ災害対策等を見直し各種の厳しい

現実を想定した訓練・講習を実施する必要があります。

今回も昨年に引き続き、新しい視点からの現在日本の第一人者としてご活躍中の新進の講師を迎え

「生物テロやバイオ災害対策担当者養成講習会」を下記の通り開催いたします。今回の講習会も生物テ

ロ・バイオ災害対処に特化した第1 級の危機管理コースです。

■講習対象者

救命・救急医師、産業医、病院等医療危機管理担当者、保健所職員、消防関係職員、企業危機管理担

当者、自治体危機管理関係者、その他講習の受講を希望される方

■認定カード発行

講習修了時認定試験を行い「生物テロ・バイオ災害危機管理者認定カード(1級)」を発行し当機構で

の認証を行います。

■講習期間

   日      時  受 付 締 切  定 員
   間   平成30 年6 月3 日(日曜)
  09:00~17:00
5 25 日(金) 100

■細部

※生物テロ・バイオ災害対策担当者養成講習会カリキュラム                         付紙1

申込: 「申込書」により FAX でお申込み下さい。                 申込書: 付紙2

場所: ヒューリック浅草橋ビル(3F ヒューリックカンファレンス ルーム1)

                     (JR 浅草橋西口徒歩1分)                                                   講習会場案内図: 付紙2

                    〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16 電話03-5822-5971

締切:先着定員になり次第申込を締め切ります。

順延:最小催し人員数 5 名以下の場合は延期し順延の通知を致します。

費用:3万円 (弊機構個人正会員: 2万円、 弊機構団体会員:1.5万円

連絡先:付紙2






付紙1

■カリキュラム

時間

科目

講師













 

 

 

 

(日)

09:0009:10 ※オリエンテーション           弊機構理事長 工学博士 井上 忠雄

09:1010:00

1災害と医療―バイオ災害対策の重要性

日本医師会常任理事(災害担当)

 石川 広己 先生

10:0011:00

最近の生物剤の動向

防衛医科大学校 防衛医学研究センタ-

兼分子生体制御学講座 教授

四ノ宮 成祥 先生

11:0012:00

感染制御としてのバイオテロ対策

防衛医科大学校広域感染症疫学・制御

研究部門教授

        加來 浩器 先生

12:0012:50

休憩(昼食)

12:5013:40

生物テロ・バイオ災害対策

国立保健医療科学院健康危機管理         研究部長

金谷 泰宏 先生

13:4014:30

バイオ災害対処防護機資材

科学警察研究所 副所長

       瀬戸 康雄 先生

14:3015:30

新興感染症からみた生物テロ対策

国立感染症研究所 ウイルス第一部長

西條 政幸 先生

15:3016:30

生物テロ・バイオ災害対応訓練

社団法人元気会横浜病院長

箱崎 幸也 先生

16:3016:35

休 憩

16:3516:55

8 ※ 試験

16:5517:00

※危機管理者修了証授与(生物テロ・バイオ災害危機管理者1 級)



 
付紙2
                          
第4回生物テロ・バイオ災害対策担当者
                                              
養成講習会申込書
 

 申込締切     平成30年5月25日(金)              先着順 10 0 名様
 申込先 FAX         FAX 03-5829-6197  
 申込者(団体名)等   

参加者 氏名           (ふりがな)         記入は、楷書にてわかり      やすくご記入下さい   

 氏 名  所 属  職 名
     
     
     
 所在地   
 連絡先   電話番号:          FAX 番号:
 

組織区分

 ○でお囲みください

  NBCR 対策推進機構 : 個人正会員・団体会員

 日 本医師会: 所属地区名 (          )

 官公所属 :  自治体・警察・消防・その他

 要望事項  



● 講習会場案内図

ヒューリック浅草橋ビル3F(ヒューリックカンファレンスルーム2)
〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16 TEL:03-5822-5971



連絡先: NBCR 対策推進機構   〒111-0053 東京都台東区浅草橋 279 大森ビル 2階             

    電話:03-5829-6187 FAX:03-5829-6197   e-mail: nbcr-npo@tea.ocn.ne.jp

   担当:: 副理事長   安達 佳男、    執行役員:平川 寿夫
機構使用欄  HP
      
                                                                                                                         戻る