絵馬








  講師 江間清二 氏
     助成事業


        一新潟県危機管理フォーラム2010一
 
     一地域の安全・安心のために何をなすべきか一


    日時:平成22年6月8日(火) 10:00-17:00

   場所:朱鷺メッセ スノーホール
     新潟市北区表町1-5-1(丁elO86-234-2001)


   主催:NPO法人 NBCR対策推進機構 共催:新潟県

    後援  総務省消防庁.警察庁、防衛省、陸上自衛隊第12旅団、新潟県警察本部、
          新潟市、長岡市、魚沼市、南魚沼市、湯沢町、新潟県消防協会、自衛隊新潟地方協
          力本部、新潟県消防長会、新潟県女性防火クラブ連絡協議会、新潟県自衛隊協力会、
          新潟県隊友会、自衛隊父兄会新潟県支部連合会、新潟県防衛懇話会、新潟県自衛隊
          援護脇力会、自衛隊新潟地方協力本部を支える会、防衛を考える青年の会、新潟県
          経済団体連絡協議会新潟県商工会議所連合会新潟県経営者協会、新潟経済同友会、
          新潟県中小企業団体中央会、新潟県商工会連合会、新潟県農業協同組合中央会、
          新潟綜合警備保障梶Aセコム上信越梶A地元報道機関(新聞社・テレビ局・新潟日報
          社、産経新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、毎日新聞新潟支局)

    協賛:  日本財団、協賛企業潟純Vズ設計、椛蝠ス建設工氣鰹タクリーンサービ入
          東日本警備梶A大和設計、(有)ミドリ電業、(有)樋ロ鉄工所)

     展示企業  潟Aイソテック、吾妻技研有限責任事業組合、泣Oローバル、潟Vェルター、
          東都警備保障梶A東レ・メディカル梶A長岡技術科学大学、新潟総合警備保障梶A
          ホリカフーズ梶A三菱電機特機システム梶A大崎データテック


    
                                                 主催者ご挨拶
     
                                        NBCR対策推進機構 会長 片山虎之助
                                       
                                                 (日本消防協会会長、元総務大臣)


   この度、新潟県と共催して開催致します「新潟県危機管理フォ・一ラム2010」にあたり主催者と
  してご挨拶申上げます、
  関係の皆様には、公私ご多用ななか、格別のご高配を賜り、このように盛大なフォーラムになり
  ましたことを、衷心よりお礼を申上げます』
 

   平成20年12月2日に会長に就任して今日まで、宮城県仙台市、愛媛県松山市及び岡山県岡山市
  での「危機管理フォーラム」に参加してそれぞれの県と共催の形で宮城県知事、愛媛県知事及び岡
  山県知事には大変お世話になりました。今回の新潟県でのこの開催にあっては、新潟市、長岡市、
  魚沼市、南魚沼市、湯沢町など新潟県下の市町村に後援頂きましたことをこの上なく喜んでおりま
  す。後援として総務省消防庁、警察庁、防衛省初め県警察本部、財団法人・消防協会、財団法人・
  自衛隊隊友会他地元企業及び報道機関、器材展示協賛企業等のご支援、ご協力により盛会裏に開催
  できますことを、先ずもって感謝申上げます,
   
    NBCR対策推進機構は、平成17年に発足して、N(核災害)、B(生物災害)、C(化学災害)及びR
 (放射能災害)の脅威からわが国及び一般の市民を如何に守るかという特定非営利活動法人です。
  当法人が特に意図するところは、国、地方自治体、企業、一般家庭等国内の幅広い地域社会にお
  いて、N・B・C・Rの脅威に関する知識を普及し、危機管理体制(人的災害、自然災害)の意識の
  高揚を図ると共に、あらゆる分野におけるNBCR防護対策を推進し、社会的活動により防災社会を
  構築し、市民の安全確保に寄与することを目指しています。今後とも広く皆さんのご支援とご協力
  をお願いする次第です。

    終わりに、これからの安全・安心な社会を構築するために、本日のフォーラムが実り多いもので
  あることを願い、併せて皆様の今後のご健勝とご活躍を祈念して、ご挨拶と致します、

                                                                                                              平成22年6月8日




       総務省消防庁・防衛省 後援

                                                                                                          入 場 無 料


 新潟県危機管理フォーラム2010  “講演とロボット等防災器材展示”

  1 名称: :「新潟県危機管理フォーラム2010」
        〜地域の安全・安心のために何をなすべきか;国民保護法を中心にして
  2 期日: 平成22年6月8日(火曜i)
         (1) 講演 12:30〜17:OO
         (2) 器資材展示10:00〜17:00
  3 場所: 朱鷺メッセ(約1,000名)
  4 主催: 特定非営利活動法人 NBCR対策推進機講
  5 共賛: 新潟県
  6 後援: 総務省消防庁、警察庁、防衛省、陵上自御家第12旅団、新潟県警察本部、新潟市、
       長岡市、魚沼市、南魚沼市、湯沢町」新潟県消防協会、自衛隊新潟地方協力本部、新潟県
       消防長会、新潟県女性防火クラブ連絡協議会、新潟県自衛隊協力会、新潟県隊友会、自衛
       隊父兄会新潟県支部連合会、新潟防衛懇話会、新潟県自衛隊援護協力会、自衛隊新潟地方
       協力本部を支える会、防衛を考える青年の会、新潟県商工会諭腱合会、新潟県経営者協
       会、新潟経済同友会、辮}県中小企業団体中央会、新潟県商工会連合会、新潟県農業協同
       組合中央会、新潟綜合警備保障梶Aセコム上信越闇、地元報道機関(新聞社・テレビ局、
       新潟日報仕、産経新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、毎日新聞新潟支局)

  7 協賛 : 日本財団、協賛企業(鷲津設計椛シ)10社、展示企業10社
  8 講演
   12;30〜13:00 主催者及び来賓挨拶
             ・NBCR対策推進機構                      会長  片山 虎之助
             ・新潟県                               知事  泉田 裕彦
             ・新潟市                               市長    篠田  昭氏
             ・内閣官房                             内閣審議官 櫻井 修一 氏
                          ・新潟県県警察本部                       本部長 干場 謹二 氏
                          ・陸上自衛隊第12旅団                                           旅団長 堀口 英利 氏
      13:00〜13:45 基調講演1
       「脅威の多様化と危機管理」 元内閣安全閑瞳・危機管理室長⊂元防衛事務次官)江聞清二氏
   13:45〜14:30 基言匿濡苗才寅2
       「特殊災害と救急医療」 杏林大学医学部高度救命・救急センター長教授山口芳裕氏
   14:30〜15:15       防災及びNBCR防護器資材プレゼンティション
   15:15〜15:30              器資材展示見学
   15:30〜16:55 ─パネルディスカッションー
       「地域の安全・安心のために何をなすべきか=国民保護法を中心にして」   
             コーデ.イネーター=日本防.火・危機管理促進協会      飛弾 直文 氏
             パネリスト     内閣官房 内閣審議官           櫻井 修一 氏
                         総務省消防庁 国民保護防災部長    塚田  桂祐 氏
                                                      警察庁長官官房参事官                      筋  伊知朗 氏
                                                      陸上ヒ自衛隊第30普通科連隊 連隊長    大窪 俊秀 氏
                                                      新潟県危機管理監              武藤 敏明  氏
                                                      新潟県消防協会会長                          櫻井    守 氏

   16:55〜17:00  挨拶   特定非営利活動法人 NBCR対策推進機構 理事長 井上 忠雄
     器材展示: 10:00〜17:00  ロッボトほか 防災及びNBCR防護器資材
                           14:30〜15:30  プレゼンティション及び器資材見学
   18:30〜20:30 意見交換会(懇親会) 会場:ホテル日航新潟 30F 鳳鳳の間 (朱鷺メッセ)


    会長及び理事長紹介
                           NPO法人 NBCR対策推進機構 会長 片山虎之助

 プロフィール

 岡]」県出身、東京大学法学部卒業(1958年)、自治庁(現総務省)入庁、その後静岡県総務部長、自治
 大臣宮房審議官、岡山県副知事を歴任、1998年自治省消防庁次長を最後に退官、1989年参議院議員とな
 り大蔵政務次官、郵政大臣兼自治大臣、総務大臣を歴任、現在日本消防協会会長、地方分権推進連盟顧
 問、岡.山県農業会議会長の役職で活動



                            NPO法人NBCR対策推進機構理事長井上忠雄

 プロフィール

 高知県出身、防衛大応用化学卒業(1959年!)、大阪大学大学院博士課程修了、工学博士、、ジュネーブ軍
 縮委員会日本代表団員、防衛庁技術研究本部NBC機材開発、防衛研究所所員(教授)、陸幕武器化学裸
 化学室長、新潟県地方連絡部長、防衛医科大学校学生部長、
 陸自化学学校長、富士電機(株)顧間等歴任、現NPO法人NBCR対策推進機構理事長
 基調講演等講師紹介



基調講演等講師紹介


                       元内閣安全保障・機器管理室長、元防衛事務次官 江間 清二 氏

 プロフィール

 東京都出身、昭和41年:中央大学法学部卒業(40年国家公務員採用上級甲種試験(法律)合格)、
 昭和40年防衛庁入庁、昭和56年呉防衛施設局施設部長、58年〜平成元年防衛庁内で各科長を歴任、平
 成2年防衛庁長官官房防衛審議官'、3年名古屋税関長、4年防衛施設庁施設課長、7年防衛庁長官官房
 長、平成9年内閣自房内閣安全室長、内閣総理大臣官房安全f聯章・危機管理室長、平成10年防衛事務次
 官、平成12年退官、現在みずぽ銀行顧問、NBCR対策推進機構特別顧問



                                    杏林大学高度救命救急センター長教授山口芳裕氏

 プロフィール

 東京都出身、昭和61年::香川医科大学医学部医学科卒業、平成6年:医学博士、昭和61年:杏林.大学
 医学部付属病院 研修医(第2外科)、昭和63年:香川医科大学文部教官助手(麻酔・救急医学)::平成
 1年10月::帝京大学助手(医学部f寸属市原病院外科)平成4年:「信州大学 文部教官助手(生理学第
 2)、平成6年:米国ハーバード大学研究員(医学部 外科)平成9年:信州大学医学部講師(委嘱)、
 平成14年4月:杏林大学 助教授 (救急医学) 平成17年:岐阜大学臨床系客員助教授・、
 平成18年:杏林大学 主任教授(救急医学) 高度救命救急ヤンターセンター長(現在に至る)


                  「地域の安全・安心のために何をなすべきか」


  コーディネータ      (財)日本防火・危機管理促進協会 理事長  飛弾 直文 氏
 
                       NBGR対策推進機構 特別顧問

 プロフィール

 飛弾 直文:神奈川県出身、京都大学法学部卒業(昭和48年)、自治省入省。滋賀県総務部長、運輸
 省航空局環境整備課長、自治省行政局公務員課長.、国土庁地方振興局総務課長、総務省消防庁消防大学
 校長等歴任。 現(財)日本防火・危機管理促進協会理事長。

 パネリスト              内閣官房 内閣審議官  櫻井 修一 氏
 櫻井 修一:岐阜県出身、東京大学法学部卒業(昭和54年)、防衛庁入庁。資源エネルギー庁石汕
 部備蓄課長、防衛庁装備局航空1幾課長、情報本諦店報官、長官官房文書課長、長官官房審義自'、長崎県
 警察本部長等歴任:現内閣官房内閣審議官.

 パネリスト          総務省消防庁 国民保護・防災部長  塚田 桂祐 氏
 塚田 桂祐::茨城県出身、東京大学工学部卒業(昭和55年)、ハーバード大学院修了、自治省入省、徳
 島、埼玉等4つの県庁で部課長等として通算10年余県行政に携わる。農水省農村整備・活性化対策室長、
 自治体国際化協会ンドニー所長、消防庁参事官、総務省大臣官房参事官、全国市長会次長、自治大学副
 校長、消防庁審議官等を歴任、現在総務省国民保護・防災部長

 パネリスト            警察庁長官官房参事官  筋 伊知朗 氏
 筋 伊知朗:京都府出身、東京大学経済学部卒業(昭和61年)、警察庁入庁、大分県警察本部警備第一
 課長、愛知県警察本部警備第二課長・、在イスラエル日本国大使館一等書記官、警視庁公安総務課長、内
 閣情報調査室参事官、警察庁長官官房参事官(右翼対策担当)等を歴圧、現在警察庁長官官房参事官(危
 機管理企画担当)

 パネリスト    陸上自衛隊第30普通科連隊長兼ねて新発田駐屯地司令 1等陸佐 大窪俊秀氏
 大窪 俊秀:長崎県出身、防衛大学校卒業(昭和58年、第27期)、昭和58年陸上自偉隊人隊、
 第29普通科連隊、第11師団司令部、富士学校、平成8年陸上幕僚監部防衛部国際協力室、12年第40
 普通科連隊第3科長、部隊訓練平価隊(北富上)、17年第6師団司令部第4部長(神町)、富士教導団高
 級幕僚(富士)、平成20年から第30普通科連隊長兼ねて新発田駐屯地司令

 パネリスト           新潟県  危機管理監  武藤 敏明 氏
 武藤 敏明::新潟県出身、新潟大学人文学部法学科卒業(昭和48年)、新潟県入庁、衛生部、土木部、
 商工労働部、人事部等を歴任、平成2年〜7年総務部企画調査、人事課副参事、7年農林水産部園芸・
 流通課長補佐、8年総務部人事課長補、企画調整部企画課主幹、13年総務部新行政推進室長、人事課
 長、17年農林水産部長、20年会計管理者兼出納局長、21年から現在危機管理監

 パネリスト          財団法人 新潟県消防協会 会長 櫻井 守 氏
 櫻井 守:新潟県長岡市出身、早稲田大学法学部卒業(昭和37年)、みしま中央保育園理事長、長岡市
 議会議員、長岡市議会議長、日本消防協会理事等歴任、現在、長岡市消防団団長、財団法人 新潟県消
 防協会会長


      新潟県危機管理フオーラム2010

                           〜地域の安全・安心のために何をなすべきか国民保護法を中心にして〜

  日 時 平成2268()12:3017:00
  会 場 朱鷺メッセ スノーホール(定員約700名)
 入場料 無料 
 主 催 NBCR対策推進機構
 共 催 新潟県

  ◆ 開会:  主催者及び来賓あいさつ(12:30)

       片山虎之助会長  泉田裕彦新潟県知事

  ● 基調講演【脅威の多様化と危機管理】(13:00)

          元内閣総理大臣官房安全保障・危機管理室長                  

       元防衛事務次官   江間 清二 氏


  ● 講 演:【特殊災害と救急医療】(1345)

       杏林大学高度救命救急センター長 教授 山口 芳裕 氏

  ● 防災及びNBCR防護器資材プレゼンテーション(14:30)

              防災器資材の展示:10:OO〜17:00

  ●パネルディスカッション:【地域の安全・安心のために何をなすべきか】(1530)

           コーディネーター    日本防火・危機管理促進協会理事長 飛弾 直文 氏

                         パネリスト    内閣官房内閣審議官        櫻井 修一 氏
                               総務省消防庁国民保護防災部長      塚田  桂祐  氏
                               警察庁長官官房参事官              筋  伊知朗  氏
                               陸上自衛隊第30普通科連隊長        大窪  俊秀  氏
                               新潟県危機管理監                  武藤  敏明  氏
                               新潟県消防協会長                  根井    守  氏

      ◆ 開会:理事長あいさつ(16:,55)      井上忠雄NBCR対策推進機構理事長




                                                                                                                             戻る

                                                                                                                          トップページへ戻る